ダイエット

コレさえやれば失敗しない!社会人がダイエットを始める前にやるべき3つのこと

更新日:

おなかが出てきたから筋トレを始めて見たけど、中々痩せないし、おなかもへこまない。

仕事でくたくたになったのにわざわざ筋トレするのもしんどいなぁ・・・

 

というネガティブな気持ちになってダイエットをやめていく人は少なくないはず。

せっかくジムに入会したのに、気づけば会費を払っているだけという人、いるんじゃあないでしょうか。

自分も社会人で、中々運動する時間が取れず、さらにズボラな正確なので、正直続けれるかどうか心配でした。

それでもマイペースに筋トレを6ヶ月続けて、ようやく体重-6kgを達成しました。

どうやって続けられたのか、コツは3つだけ。

  • 続けることを目的にしないこと
  • 短期間で結果を求めようとしない
  • ダイエットの記録をとること(数字を意識する

この3つを自分は意識して続けています。

ダイエットが続かない人は是非参考にしてみて下さい。

ダイエットを続けるコツその1:続けることを目的にしない

腕をクロスさせたスリムな外国人女性

まずダイエットが続かない人はダイエットを続けること、それ自体を目的にしているからです。

 

ダイエットを始めた人は痩せたいから・健康になりたいから始めたはず。

目標のために運動しないといけない、だから運動をしなければならない・・・

といった感じで、続けることが目的になっていると、モチベーションも下がるし、ただただしんどいだけになります。

痩せてどうしたいのか?をもう一度考える

続けることが目的になっている人は、今一度、なぜダイエットを始めたのかを確認しましょう。

ちょっと話はずれますが、私合気道を続けておりまして(7年くらいになります)、よく稽古で師範代が、

「三間先を見て技を出せ」

とおっしゃるんですね。

三間先、つまり目先の対象を見るのではなく、もっと遠くを見て技を出すと効果が高まるってことです。

同じようにダイエットの目標を決めたら、ダイエットをしたあとの自分を想像してください。

闇雲に痩せたいから!といってダイエットに取り組んでも結局グダグダになって三日坊主になるのがオチですね。

ダイエットを成功した後の自分を目標にする

ダイエットを続けるのであれば、ダイエットを続けた先にどんな未来を叶えたいのかをもう一度考えてみましょう。

  • 健康になりたい?→病気にならず、健康で長生きできる
  • 異性にモテたい→ダイエットで合コンでモテるようになる
  • お腹周りをすっきりさせたい→着たい服がきれるようになる

誰だってツライ思いをしてダイエットをするのは嫌ですよね。だったらダイエットを頑張ったらご褒美があったほうが続けられるじゃないですか?

こんな感じでダイエットを続けたからどう変わるのか?叶えたいことを目標にすると続けやすくなりますよ。

ダイエットをするのは同じですが、ダイエットをする目的は人それぞれです。

中々続かない人は紙などにもう一度目的を書き直してみるのもオススメですよ。

ダイエットを続けるコツその2:ダイエットは短期間で効果を求めない

古い体重計

ダイエットのために運動を始めたけど全然痩せたい!もうやめる!

・・・ってな感じで挫折していった人も多いんじゃあないでしょうか?

ダイエットが続かない人に覚えて欲しいことは、短期間で結果を求めると続かないということです。

筋トレダイエットで痩せるのに半年かかった

筆者はダイエットのために筋トレをはじめましたが、始めた3ヶ月ぐらいはほとんど変化がありかせんでした。

鑑を毎日見ても全然変化が無かったので、正直なにやってるんだろ・・・と心が折れかけました。

そして6ヶ月目にしてトレーナーに「痩せてきましたね!」といわれ初め、ようやく見た目も変化が現れ始めました。

痩せたいからといって短期間で結果を求めようとしてもツライだけです。

特に時間がなかなか取れない社会人だとなおさら時間はかかります。

短期間で結果を求めるとリバウンドしやすい

よくCMで数ヶ月で10kg痩せた!って宣伝あるじゃないですか。

あれは厳しい食事制限、アスリートレベルのトレーニングをやったからこそです。

時間がない忙しい社会人でそこまでやれますか?といわれたら・・・出来ないですよね。

それに短期間で痩せたとしても、それを継続することはきついと思います。

1ヶ月死ぬ気で運動して10kg痩せた!じゃあそれを1年間続けれますか?

私は無理です。(やりたくない!

ダイエットに成功したけど、リバウンドする人はおそらく短期間で結果を求めたからです。

どうせ痩せるんだったら痩せた体を維持したいですよね?

ダイエットは細く長く続けるのが一番

ちなみに自分の目標は「太ったから健康維持のためにやせる」が目標です。

なので無理せず週2~3回をベースにジムで筋トレしてます。

のんびりやっても6kgは痩せたので、続けることが大事なんだなぁと改めて実感しました。

水着が着たいからどうしても夏までに痩せたい!という事情は別にして、ダイエットをするならコツコツ続けるほうがリバウンドもしないし、結果的にダイエットに成功しやすいですね。

ダイエットを続けるコツその3:ダイエットの記録をとって数値化する

スマートウォッチで心拍数を測定

ダイエットを続けるなら必ず記録をとりましょう。

目標設定しよう!と書きましたが、ただ「10kg痩せるぞ!」とやる気を出しただけでは続きません。

仕事でもそうですが、ダイエットもPDCAサイクルを回すことが大事です。

闇雲にツライ食事制限や運動をしても効果は薄いです。ちゃんと記録をとって、どうやったら痩せるかを意識します。

定期的に記録をとって変化を見る

自分はジムの体重計(体脂肪率や筋肉量が図れるタイプ)で月の初めに図るようにしています。

こうすることで体重だけではなく、体脂肪や筋肉量など全体的な変化を見ることで、トレーナーさんに今後の方針を相談したり、純粋にどれだけ頑張ったかが一目でわかるようになります。

トレーナーさんからも「毎月計る人って珍しいですね」といわれるくらいなので、ちゃんと記録を取ってる人って少数派なのかなぁと思いました。

こうやって数字で管理することでどれだけ頑張ったかがすぐわかるし、目標も設定しやすいのでオススメです。

ダイエットの記録を取ると効果がはっきりとわかる

ダイエットの記録を取るメリットはダイエットが成功してるかどうかがはっきりわかることです。

 

筋トレを始めたころは筋肉量の比率が上がって効果が目に見えてわかったんですよ。

4ヶ月目くらいから体脂肪も徐々に減り始めて、ダイエットの方向性も見えて来ました。

ただ闇雲に運動したり食事制限をするよりも、記録を取りながら続けていくと、効果があるのかどうかがはっきりと分かるのでオススメです。

 

本当は毎日の摂取カロリーやメニューなどを記録したほうがいいんですが、ズボラな自分はやってません。

ですが月1回でも記録をとっておくだけでも変化がはっきりとわかります。

本気でダイエットを続けたい方はぜひ記録を取ってみましょう。

 

ダイエットを続けるコツのまとめ

ダイエットを続けるコツをもう一度おさらいします。ダイエットを続けるコツは

  • 続けることを目的にしない、どうなりたいかをはっきりさせる
  • 短期間で結果を求めない。コツコツ続ける覚悟を決める
  • 体重計を使ってダイエットの記録をとる

がむしゃらに取り組むのではなく、ダイエットをしてどうなりたいかをまずははっきりさせましょう。

ダイエットは長期目線でやるとリバウンドもしにくいので、焦らず、記録をとりながら続けていくのが成功のコツです。

どうしてもダイエットが続かない人は是非参考にしてみて下さい。

-ダイエット
-,

Copyright© サラ筋!~サラリーマンでも効率よく痩せる! , 2018 All Rights Reserved.